合宿免許と通学制との違い

合宿免許で免許をとっても通学制の教習所でとっても同じ免許です。

しかし、両者にはコストも時間もかなり異なる点があります。

もっとも異なるのが時間です。



通学制では最短でも1ヶ月程度はかかります。

乗越や混雑時の教習車に乗れないことを考慮すると1ヶ月半は最低でもかかることが多いです。


対して合宿免許では乗越を踏まえても2週間程度で取得可能です。


合宿免許では教習される人数分の教習車が用意されているので混んでいるから今日は乗れないということはありません。

また、朝から晩まで教習を行ないますからカリキュラムをじっくりこなしていけることになります。
集中してカリキュラムをこなすと時間短縮以外にも知識として身に着けやすいというメリットがあります。



通学制ではカリキュラムが数日空くなど、集中していないからこそ知識の定着が少ない場合が多いのですが、合宿免許では車に詳しくない方でもしっかり身につけられるメリットがあります。

合宿免許ではコストも安いです。

通学制の半額以下というプランが多く、ほとんどが宿泊施設、乗越費用などがセットになっているプランが多いです。



コストを下げられるのもまとめて教習を行えるからです。
人員配置や教習所の稼働率を上げられますから全体のコストがどんどん下がるのです。

また、カリキュラムにおいて乗越費用についても教習所側負担です。

これは時間を優先しているからであり、乗越よりもカリキュラムをこなすことが大事ということです。