合宿免許と通学制を比べる

自動車免許やバイクの免許を取るには教習所に通う必要があります。

人によっては試験場にいきなり行く方もいますが、合格率が低いので通常は教習所でカリキュラムをこなします。



その際、カリキュラムを通学制でこなすか合宿免許でこなすかが問題になります。



両者とも免許取得という目的は一緒ですが、かかるコストと時間がまったくことなります。

合宿免許と通学制で一番違うのはコストです。

通常通学制に比べて半額以下で設定されていることが多く、カリキュラム以外に宿泊施設費が入っているのもうれしいところです。

コストが半額以下なのが不思議に思う方も多いですが、各施設では稼働率が重要であり、稼働率が上がるなら価格を下げても十分なのです。
また、免許取得には決められたカリキュラムなので設備を整えやすいのもコストを下げる要因の一つです。

合宿免許では取得までの時間も少ないです。
多くの場合、2週間前後で取得できます。

これは一般的な通学制の教習所の半分以下の時間であり、実習において乗越が発生する場合にはさらに差がつくことになります。

乗越については通学制では翌日以降に割り振られることが多いのですが、合宿免許では当日のカリキュラムをこなすことが重要なため、当日中に乗り越しを行うことになります。その際、通学制では追加コストがかかりますが、合宿免許では費用に含まれていることが多く持ち出しがなく実習をうけることができます。

仮免許からの合宿免許プランの情報を一挙に公開しています。

まとまった時間が取れるなら合宿制はとてもメリットのある方式です。